債務 滞納 日記

恥ずかしながら私の日記をご覧下さい

当HPでは私が借金を背負ってしまった理由やそして滞納して返済に追われる日々、そんな生活からの脱出を日記形式に紹介しています。
当時の日記を読み返してまとめて書いているため、少し時代を感じさせるような内容になっているかもしれませんがお許し下さい。

借金の返済に追われる毎日

以前からわたしはよくキャッシングを利用していたのですが、友人の結婚式のため限度額一杯までの利用をして以来、とたんに歯車は狂ってしまいました。
必要以上の散財をしてしまったわたしは、そこからタガが外れてしまったのか、次々と複数の業者から借金を重ねてしまい当然の結果として返済を滞納するようになってしまいました。
(当時の日記にはかなり暗鬱な表現が書かれているので割愛します)


初めのうちは優しかった督促の電話も回を重ねるごとに、そして滞納日数が増えるごとに厳しくなっていき、各社から毎日何本もの督促電話が鳴ることに対して嫌気がさしてしまったわたしは、電話の音を切ってしまいました。
すると今度は直接自宅に督促が来るようになってしまい、わたしは半ばノイローゼ気味になりながら居留守を使う毎日を送っていたのです。

借金生活から抜け出す決意

これ以上いくらあがいてもどうにもならないと感じたわたしは、専門家へ債務整理の相談をすることにしました。

参考にさせていただいたのは任意整理体験談ブログです。
私が依頼したのは司法書士です。
司法書士に決めた理由は弁護士よりも費用が安いからという理由。

司法書士の先生はとても優しく神様に思えました。

結果わたしは任意整理という月の支払いを減らしてもらう債務整理を依頼することになったのですが、それと同時にあの鬼のような督促が来なくなり、わたしはようやく何ヶ月ぶりかで安心して眠ることが出来ました。

精神的に持ち直すことができたわたしは、それからは必死で仕事に精を出し、問題なく全額返し終えることが出来たのです。
自分には関係ないと思っていた借金の恐ろしさというものを、身に染みて感じた出来事でした。

 

サイトマップ